03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

MSN-04II ナハティガル 


ホビーショーまでに作るものその3!

こちらはキャラクターメインの参加させていただいてるクラブ用になります。
どんだけ作るんじゃ!というツッコミはさておき、デカイ・ヤスイ・デカイ!(大事なことなので二回ry)
で話題の1/100ナイチンゲールです。

正直ボッタクリ B-クラブのレジンのキットを買うかずっと迷っていたくらいなので、
会場発表で初めて出ると知った時は狂喜乱舞。
思わず予約して買っちゃいましたよ~。

seisaku0005.jpg
弄ろうとしたら、まさに無限のフロンティアで日が暮れても完成しないので、
とにかく分厚い部分をシャープにいわゆる薄々攻撃に特化して製作して行きます。



msn04_2_002.jpeg
左がキットそのまま。右が加工後であります。


msn04_2_003.jpeg

msn04_2_004.jpeg
こちらは左が加工後。右が加工前です。紛らわしくてすみません。
まぁこれだけなら「ね?簡単でしょ!」で済みますが、
これを全てのパーツのエッジに行ったため、リアルに修行モードでした(汗


msn04_2_005.jpg

msn04_2_006.jpeg
何か色々すっ飛ばしてますが
削り終わり洗浄が終わったら
(ここまでに3カ月掛かっているのはここだけのお話。写真が無くてゴメンナサイorz)
関節などの内装パーツと外装パーツに
最近ハマっているクレオスのSM03スーパーアイアンを吹きます。
スーパーアイアンは完全な鏡面になるわけじゃないですが、
何より単色で重厚感が出るため、手間も掛からず非常に重宝してます。


msn04_2_007.jpg

msn04_2_008.jpg
普段内装パーツはスーパーアイアン+フラットブラックのスミ入れ兼ウェザリングの簡単仕様で済ませますが、
今回はパーツが大きくのっぺりとしていたので、上からクレオスのGXクリアブラックを吹いています。
色調調整とともに、あくまでクリアですのでクリアコートも兼ねており、
痛みやすい金属色の表面保護も同時にできる優れものです。


msn04_2_009.jpg
内装が終わりましたら次は外装で、今度はガイアのクリアレッドを吹きます。
今回パッケージのナイチンゲールに非常にぐっと来ましたので、光沢なメタリックレッド仕上げです。
本当ガンプラのパッケージはカッコイイですよね!
そこで普通のシルバーにクリアレッドを吹くと非常に明るくなってしまうため、
逆算して重厚感があり、比較的暗いスーパーアイアンを下地としたわけです。

ちなみにこに時点でスーパーアイアンは3本消費。
1本500円程度のため、合計1500円ナリ(結構カカッテマス。


msn04_2_010.jpg
本来「クリアレッドはクレオスにもあるじゃん。」という話ではありますが、
やはりガイアのクリアカラーの発色は断然違いますし、
個人差だとは思いますが吹きムラが出にくいように思います。
ホコリは問答無用に付くけどね(そりゃそうだ


msn04_2_011.jpg
なおモチロンぶっつけでナイチンゲールに吹いたわけでは無くて
違うキットを一旦試しにこの塗りで製作してます。
そちらはまた後日アップいたします~。


msn04_2_012.jpg

そしてクリアレッドの塗装が終わった方々。
うん・・・実にゴロンゴロンしております。実にボリューミー。
でもこの塗装成果を見ると実に満足しているのも事実。
ちなみにクリアレッドもこの時点で3本消費
キットの価格以上に消費する塗料が気になる今日この頃であります。


msn04_2_013.jpg
そして遅ればせながらバーニア(内側)を塗装。
外側と内側が分かれているため、塗り分けの手間が省けてとっても助かりますが、
それ以前にナンダコノ量ハ。
MAクラスの機体故にバーニアだらけなんでしょうけど、凄くゴリ押しな機動をしそうデスネ。

ちなみにこの写真だとまだ塗装してませんが、バーニア内側はクレオスのGXブルーゴールドで塗装してます。
知人から教えてもらった塗料ですが、ギラギラせず赤過ぎないゴールドで
最近はゴールドというと基本これを使ってます。


msn04_2_014.jpg
msn04_2_015.jpg
何とか各パーツ準備できたので、スミ入れしつつ下半身を組立。
この凄いソンザイカン
足だけでこれですか。凄い、凄すぎる。

スカートの薄さがさり気なくメチャ薄なのがわかり
削った甲斐があったと満足しつつ、
取り敢えず今回はここまでであります。




スポンサーサイト

[edit]

« HGUCサザビーキャンディ塗装  |  静岡ホビーショーまでに作るシリーズ その2 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hankokku.blog120.fc2.com/tb.php/29-92891906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。