09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

1/72[HASEGAWA] 試製雷電 


初の1/32かつ今の所唯一製作した1/32です。
2年ほど前に製作しました。
いわゆる「十四試局地戦闘機改」という機体になります。
詳しく説明したいところですが、翌朝というか今日5時起床なのでサクサク行きます。
べ、べつに手抜きなんかじゃないn(ry

raiden_T_01.jpg
日本機らしからぬ機影で有名な雷電ですが、暗緑色でなくこれだけ明るい色をしていると
なかなか愛嬌を感じますね。

raiden_T_02.jpg
キットはハセガワの限定版キット。
特にレジンなどが入っているわけではなく、
パーツも最近のキットにしては控えめですので、
初32としては非常に作りやすいキットでした。

raiden_T_03.jpg
ただ写真で見ると特に顕著ですが、明るい色のため、「とってものっぺりです。」
もう少し汚しなり、強いスミイレなりしておくべきだったかもしれません。

raiden_T_04.jpg
まぁ気合の入った試作機の段階で汚れデロデロってことは無く、磨き上げていたでしょうから、
これはこれでリアルなのかもしれませんw

raiden_T_06.jpg
とても・・・ずんぐりです。

raiden_T_07.jpg
機体下面も含め全体が黄橙色です。
塗装が乗りにくい色ではありますが、塗り分けはアンチグレアと脚庫のみですので、
インパクトがあって簡単と一石二鳥です。

raiden_T_08.jpg
全体のモールドとしては基本的にリベットの無いサラっとしたモールドです。
かつてのキットに慣れていると物足りない感が多少ありますが、 
何も考えずに作り比べると楽しいかもしれませんね。
しかしニチモのキットももうレアキットですね・・・。

raiden_T_10.jpg
ちなみにこのキットの面白い&もったいない所で、結構エンジンがよくできていて
何故かカウリングが無加工で着脱可能(塗装の厚みによるものかもしれませんが・・・。)
全体がアッサリしているだけに、もっと魅せ方無いかなぁと思いずっとそのままですw
ちなみに塗装はMr.カラーの「SM03 スーパーアイアン」に
ガイアカラーの「クリアーブラウン」を先端に吹いただけです。
クリアーブラウンは今回初めての使用でしたが、綺麗な焼け表現ができるので、
以後特に現用機のノズルにはクリアーブルーとセットで必需品になってます。

今の所唯一の32ですが、せっかくですので、暗緑色の実戦機体と
いくつか作って並べてみたいのですが、
いったいいつになることやら・・・。









スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。